健康

転職活動をするのなら、気になった求人(OR 職種)を見つけたら…

あなたが転職活動をしているなら、良いと思う求人(OR 業・・

これから転職活動をするという時は、気になる求人(または業種)を見つけたら、100%「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネット検索を掛けてみましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントの情報では、まずその業界に関するマイナスにあたる箇所は、知らせてもらえません。もしブラックな面があるならインターネット検索を活用することですぐにおおまかな実態を理解できます。そういう手間を惜しんで入社すると、あとになってガッカリしてしまう可能性が高いです。だいたいその求人が出されていた理由が「内容がキツイから人が辞めて穴が開く」といった場合がかなり多いため、気に入った案件や業種については、納得するまできちんと調べた上で応募するようにしましょう。

再就職する際、かなり重要視されるのが間違いなく「面接」である。

転職活動では、比較的重要視されるのが「面接」というものです。普通の面接の場合は当人に対して転職をする理由などさまざまな内容を尋ねる形になります。そしてほぼ100%、面接終了の直前に面接係員が転職者である面接者にたいして逆質問に切り替わります。面接担当のスタッフから「弊社に関して何か疑問に感じることはありませんか?」と言ってくれるわけです。と聞かれた際に面接者本人が緊張のあまり、慌ててしまうこともあるかもしれません。こういった場面に遭遇し、後で後悔しないためにも面接を受ける前に面接担当者からの質問に対し、(あなたからの質問を)考えておきましょう。よく考えてみればいくつも疑問点は浮かぶはずです。ぜひ、やってみてください。

それ以外の職に転職を決断する原因は、その人それぞれ。色々な事情があるはずです。

看護師という職業の人の違う仕事に「転職しよう」と思う原因は人それぞれではないでしょうか。それを見てみると転職には「職場の中に自分と相性の悪い上司・同僚がいる」「結婚で配偶者のこともあって出産それと子育てそのうえに家族の介護など、仕事環境の種々の変化など、今までのような仕事が難しくなってしまった」「今の給与体系に不満を感じている」といったような悩みが抱えているのかもしれません。しかしながら、転職を決める前に「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と、今一度ゆっくりと客観視してみることも大切なことです。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考してみて、決断されることを強くお勧めします。

就職活動をするにあたっては、ネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)…

転職活動において、インターネット上で就職斡旋してくれる「エージェント」を使う場合もありますが、もしもそのような業者に登録し新しい仕事を見つけることができたとしても、失業保険の給付を受け取ることはできないので気を付けましょう。ハローワークを使わずに就職が決まったとしても失業保険は給付されないので気をつけなければいけません。これに対し、「ハローワーク」を介して斡旋してもらい、就職できたのなら、就業の準備金として「一時金」を支給してもらえることになります。インターネット上で展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的の機関でありません。ただ彼らは、企業から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険の給付手続きなどはしてくれません。こういった点を知らないでいると、失業中に給付金を手に入れなくなる事態になるので、就職エージェントを利用する予定の方は注意しておきましょう。

クールビズ(軽装)の格好をして転職の面接会場に行こうとするときに・・

クールビズをして転職の面接に行くときには、さすがにジャケットまでは着て行かなくても安心であるとはっきりと言い切れますが、ネクタイは着用したほうがイメージが悪くなりません。タイもジャケット同様になしで良いと認めている企業もある確率もありますが、ことネクタイだけは例えクールビズが推奨されていても必ず着用しなければならないとする会社がいくつかは存在します。という事で、クールビズの恰好でもネクタイに関しては必ず着用いく方が悪い印象を与えることがないということをお知らせしておきます。


パースピレックス ローション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)