健康

在職中はなるべく会社内の人に悟られないよう、(私の経験談ですが…

雇用期間中なら、なるべくバレないよう(ちなみに私のときは…

就労期間中なら、極力バレないように(ちなみに私のときは)雇用中に転身する意図のみを早い時期に周りの人間に知らせたことがあります。しかし、それから、求人誌を必死に色々とチェックしてみたのですが、結局転職先も転職時期も何一つ決まらずやみくもに時間を空費する結果に。そしてその一方で、会社の方も仕事の引き継ぎ予定や手続き、私の退職日などが決定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。予定は噛み合うこともなく、失業期間を経たあと、次の就業先を探すハメになりました。

転職期間中は、そんな風に過ごすつもりもないのに時間に余裕がある…

転職するための期間中は、無意識のうちに時間がある分、緊張感のない、だれた生活になりやすいですよね。・・であったとしても、そういった過ごし方は避けたほうが賢明です。それは、だらだらと過ごす生活を習慣化してしまうと、肉体的にだけでなく、心もダラケテしまうからです。気が付くと、働く気力がなくなり、生活が苦しくなり困る未来がやってきます。そのまま、すべてにおいて悪循環になり、再就職先が見つからなくなります。転職先を決めることができないのは、給料を最優先に考えるからです。もらえるお金を第一に考えざるを得ない状況ではやりたかった仕事を求めて転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。ということで、お金に縛られない生活を始める為にダラけた姿勢は、しないように気を引き締めましょう。

失業したときにもらえる失業保険は、失業中でなければ給付されません…

失業した際に給付される失業保険は、失業している間もらえるが、「期間」が定められています。離職時までに勤務していた期間に応じて変わり、90日だったり120日だったりするのですが、なんとこういった現実を知らない人が一定数います。期間の制限がないと勘違いして失業保険があるから働かなくてもいいと考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付期間の最後1か月になった段階でようやく自分の勘違いに気づき慌てて転職活動を始めても好条件の仕事を探すのは難しいです。転職を希望している会社の面接官もバカではないので、失業中にきちんと求職活動をしていたかといった箇所は大半は相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いでしょう。相手によっては、面接担当者からそれらを根掘り葉掘り訊かれることもあります。うまく返答できなかったり、バレる嘘をついてしまって、9割がた受かりません。

安定した生活を願い正規社員になろうとしている人はかなりいらっしゃる、というのが現実です。

安定的な生活を手に入れるために正規の雇用社員として働きたいと考えている人は相当います。とはいえ、即戦力として働けるように資格を取得するなどしてかなり頑張っているのに中々正社員として雇用されることが叶わない事もあります。準社員の求人はかなり目に付くのに正社員の求人情報以外はスルーしてチャンスを放棄してしまっている人が多いといいます。万一正規雇用での転職が厳しいのなら、非正社員に応募することで道が開けることもあります。なぜなら、契約社員や派遣社員募集の会社の中にはその人の実力によって、2,3年で正社員への転身を図れるようにしている所があるからです。採用面接の際に、「正社員登用」のチャンスの有無を聞いておくのも後々の役に立ちます。

転職というものを考えるとき、その職場の自身の給料を過剰に気にする人・・

転職をする場合、そこでの自分の給料について気にする人がどうもいるようです。もちろん誰しも仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を得るために働いていると思います。ですから年収がどれだけかは自分の社会的な価値を知る値としての側面もあるから大切と感じるのは否定できません。しかしながら、必要以上に年収というものばかりを執着しすぎるのも人生を損してしまう気がするでしょう。よく見れば年収に反映されない仕事であっても精神的な充実を得られることが多々あるからです。


リワークセンター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)