健康

転職先を決めるとき、もちろんやりがいのある仕事か考えるとも大事だ…

転職先を選ぶ際、もちろん仕事におけるやりがいアップと共に…

転職を行うにあたって、むろん仕事におけるやりがいアップと共にそれだけでなく年収アップも大事なポイントになるから「年収サイト」というサイトに登録をして事前に調べています。同じ会社でその上全く一緒の職種、社歴であるにも関わらず人によってずいぶんと幅があることも多数あって、ぶっちゃけた話面接の際質問したことがあります。面接をした人も同じサイトを見たことがあるようで「その高収入で書いているのは、書いた人間も誰かある程度は見通しはついているんですけどね、おそらく格好をつけてるんですよ。低い方の年収だと思ってください」とのことでした。

これから転職する場合、「派遣社員」を選択しようと考えている…

転職を、「派遣社員」を選択しようと思っている人に注意してもらいたいポイントが複数あります。一般的に派遣に対して、電話対応、お茶出しなどの雑務、雑用等をのような業務をなんとなく想像する方がおそらく多いかと思います。最初はかく言う私もそう勘違いしていました。今の企業に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募したとき、「担当してもらう業務は電話対応になります」と派遣会社の担当者からも聞いていました。ですが、いざ仕事に就くと、まさか「電話対応」だけでなく、辞めた正社員の穴埋め役を任されてしまいました。いつも毎回振り回されますし、はじめの説明とは異なる内容ばかりなので日々非常に参っています。現在は、ひたすら「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。

転職活動といえば、企業とのやりとりというより採用担当の面接官と…

転職活動で重要なことは希望先転職先の会社企業というより、正確には「担当面接官」との勝負が大半といえます。しっかりと採用してもらうために、第一歩として肩の力を抜いて焦る気持ちを隠し、平常心でいるように心がけましょう。たとえば女性とお見合いをする姿勢で望むと良いかもしれません。面接がはじまると第一歩としてあなたの人となりを評価してもらうので誤解を招くような見た目・言動は気をつけて避けましょう。また品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて整った服装で向かいましょう。オーラを感じさせることができればいいです。魅力的な人物として、面接官に認めてもらえたなら、かならず転職活動はかなり楽になります。

これはシフト制の仕事についての話なのですが、一定の曜日…

これはシフト制の仕事に関する話なのですが、毎週、同じ曜日に仕事できる人を募集する求人を結構見ますが、休む方法の詳細やシフトの出し方については前もって確認しておきましょう。それはなぜかというと、私自身、出産のため休む人の穴埋めとして、正社員として働き始めたのですが、私のシフトがそこでは「土日」固定のシフトで、新人の私以外、誰も現場にいない状態という職場でした。前任者が「土日」に必ず出る人だったので、私自身もそのように思われていたみたいです・・・。実際「土日」に外せない用事が入ると、シフトを変えてもらう必要があり、同じ部署の先輩方に「代わりに出ていただけませんか?」と自ら頭を下げなくてはいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日を1人の人に任せるって・・・思い返してみるとよく我慢したなと思います。

政治により変化の出始めている転職を取り囲む状況について・・

最近の転職については、政治によって状況が変わりつつあるようです。現在の安倍内閣では「アベノミクス」「三本の矢」といった多くの経済政策が盛り込まれています。日銀主導の金融政策とも、たがいに作用しあって、財界・企業間でも新しい明るい動きが顕著に現れてきております。その影響を受け、企業サイドでも今度は若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる人手不足が社会問題として拡大しています。また最近では、「外国人の労働者」の数を高めていくであると現内閣は宣言しています。転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした政治の流れによって、日本国内の雇用や転職といった事情にも、変わっていくのは間違いないでしょう。


筑後いこい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)