健康

派遣社員として働く人が現在増えてきていますが、派遣社員として働く予定があるなら、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで・・

派遣という形で仕事をする人が規制緩和の後、増えてきていますが…

派遣会社に登録した上で働く人が過去の規制緩和以降、増える傾向にあります。もしもあなたが派遣社員として働く場合は、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、そのうちどれだけがあなたに入るのかをできる限り面接のときに聞いておいた方がいいでしょう。派遣会社は、労働者を必要な会社に派遣してその見返りに、手数料を徴収していくシステムになっていますが、現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることがほとんどです。5割以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらしない派遣会社も多く、ときには、2割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにする場合も多いといえます。面接のときにあいまいにしか答えない会社は、不都合な点を隠す体質であることが少なくないので、可能な限り別の派遣会社のもとで登録すべきです。

今、私は派遣会社で働いています。

今、私は派遣会社に登録しています。インターネットサイトで何の気なしに自分に向いていそうな仕事を探して応募しようとしたところ「その仕事はもうすでに他の人でお話が進んでいます」と返答され一瞬サイト上からも仕事情報がなくなるのですが、翌日になれば再び載っています。これは結局私ではダメだっていう意味ですよね。そうであるならば初めからカドが立たないようにはっきりと教えてくれるといいのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。はたまたもしかして偽のお仕事なのでしょうか?

転職活動をスタートするときに、まず今働いているところを辞めてか・・

転職をしようとするときに、まずは今の会社を退職してからと考える人もいるようですが、そうならば今度のボーナスの時期を気にしておきましょう。ボーナス支給がある会社は多いですが、社員にボーナスが出る場合には、ボーナスをもらえる時期が近いときには、支給日を待って退職するという考えも得をする方法です。ボーナスはなかなか多くもらえるはずなので、手に入れなければ損ということも明白ですから、会社を辞めるときにはボーナス支給日をまず確認しておいた方がボーナスをもらい損ねないと思います。

再就職時の面接では、規模の小さい企業クラスの場合概ねそこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが…

転職のときに行われる面接というのは、中堅企業であれば概ねその社内の「人事」担当が面接官になりますが、例外もあるはずです。例えば、これからともに仕事をする一番偉い人、一言でいえば管理職クラスである課長や部長が面接を担当することも少なくありません。また営業系や事務系などの部署に転職するのなら、資格などで人の良し悪しを判断しづらいですから、自信をもって自分という人物をアピールすることが必要であり大事なことです。担当者から「この人は、堂々と自己発言してるし、それに戦力になりそうだ」と思わせ、覚えていてもらうことが大切です。

万が一あなたが、転身を決断したのであれば、会社の人に・・

一度あなたが、とらばーゆを決定したのであれば、周囲の人にはその気持ちを言わないように、首尾よく転職活動を進めていき、転身先が決まらないうちは、なるだけ周囲に悟られないよう淡々と振舞うのがもっとも正解です。働いている間、その状態を保っておくと、希望通りに希望に沿う転職先を行き詰ったとしても、転身の予定を先延ばしにしながら今の仕事をそれまで通りに継続しても簡単にできます。そうではなくて、ついつい「転職するつもりでいる」と口を滑らせると、会社は、それを受けた対応をし始めます。さらに社内の人間に「辞めるつもりです」と一言でもいえば、会社内では「あいつは転職する人」という位置づけになります。そうなってしまってから転職の気持ちが冷めて、「やっぱり退職しないことにしました」と手のひらを返しても、周りの人間には、「一度は仕事を辞めようとした人」という目であなたを見るため、在籍中ずっと、身の置き所がない思いををする強いられるかもしれません。


ポスター印刷のABポスター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)