健康

再就職をする際に見ることになる求人情報というのは、だいたいのもの・・

再就職をする時にマークする募集要項に関しては、参考程度に、アバウト・・

転職を考えている際にチェックすることになる募集要項の情報というのは、通常のものとして載っている確率もあり得ます。ですから、載っている内容は何もかもが正確であるとは当てにしない方が最善でしょう。その中でも特に生活に大きくかかわってくる報酬においては社員を平均して出した金額なのか?最低限保証されている給料であるのか?最も高く見込んだ給料であるのか?というような見解ができない人はたくさんいて自分の判断でとらえてしまうと、今後、嫌な思いをする可能性も少なくはないのです。したがって、嫌な思いをすることになる前に、募集事項は、基準だと思って、そういったとても肝心な内容は会社に直接問い合わせた方が良いです。

今まで経験したことのない業種とかに転業したいと思っている場合に…

全く経験のない業種などに転職したいと考えているときには、以前の職で培ってきたスキルや経験したことが生かせるといった内容のアピールが必要になります。経験がない人は経験していない分その業界で経験してきた人たちよりも実際のところ、足りない部分はありますが、自らが保持している能力がその場でも生かすことができるということをしっかりと相手に話すことができれば、戦える場合も考えられます。ですから、経験が全くない業界にチャレンジする場合は、その分野とこれまでに自分がしてきた仕事との関係を探し出してみましょう。

ある古物商の人員募集に応募したところ、書類審査を通過・・

とある古物商の求人に応募し、書類審査に合格したので、先方から面接日時を告げられました。それなのに、面接日当日、指定された場所へ行ってみると、どうしてか相手が面接の用意を一切していないことに気づきました。しばらく待って、所長と思しき人が面接に応じてくれましたが、非常に面倒くさそうな態度を見せてグダグダな状態で面接を終えました。ところが、予定日を過ぎているのに、採用結果も告げられず、もどかしくなり、私から問い合わせると、「郵送で本日送付しました」と返答されました。しばらく待っていましたが、ですが、これも届かずそこでもう一度電話をしたところ、意味が分からなかったのですが、「残念ですが不採用とします」、と有無を言わせずに電話を切ってしまいました。あまりの対応にしばらく絶句してしまったのですが、内心、不採用で良かったと痛感しています。

転職活動に気を付けて欲しい求人内容は、そこまできつそうな仕事内容ではないのに給料がよく、…

就職するため仕事探しをする場合に気を付けて欲しい求人は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのに給料がよく、拘束時間が長いというものです。こういった求人内容は、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで計算していることが非常に多いです。みなし残業代は、通称『みなし』とも表記し、30時間とか45時間という感じで求人の内容に時間が併記してあります。毎月この程度の残業が想定されるので、給料に残業代を含んでおく、といったものになります。(違法ではありません)例えば求人に『みなし残業代25時間込』という表記は「書かれた時間分の残業代を入れた場合、この給料がもらえます」という話になるわけです。が、悪質な求人には告知しておくべき『みなし』を意図的に表記してない可能性もあるので気を付けてください。

これまでは「転職サイト」を利用するより、「ハローワーク」で仕事を探していました。

前は求人情報は「転職サイト」よりも、「ハローワーク」に通っていました。どうしてかというと、有名な「転職サイト」は、システム上、都心部にある企業の求人しかないからです。このため、求人情報を探す時は、いつも「ハローワーク」を使っていました。求人募集をする多少企業の数や、給料といった点は見劣りするのですが、地域に根ざした情報が都会以外での転職には役立ちます。また、「ハローワークってなんだか古臭いイメージがある」というイメージがある人が多いとは思います。でも、理想的な求人を発見できるかもしれないので、これから転職を検討しているのなら、ハローワークに行って相談してみてください。転職サイトのようにこれでもかというくらいの電話やメールが送られてくる心配もありません。


ストレスチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)