健康

仕事を探しているときに注意を向ける募集事項について・・

仕事を変えようと考えている時に目を光らせる募集事項に関しては…

仕事を変えようと考えている時に目を光らせることになる募集要項の情報というのは、一般的なものとして掲載されている確率もあり得ます。ですから、そこに載っている内容はすべて正しいとは考えない方が最善だと思います。中でもとりわけ報酬においては一般的なのか?最低金額であるのか?一番高い給料なのか?というような見解ができない転職者も多く、自らの勝手な判断でとらえてしまうと、今後、後悔する事いなるかもしれません。したがって、後悔しないようにするためにも、求人内容はおおまかなものだと思って、そういったような内容は会社の方に直に確認を取るのが良いでしょう。

今まで経験したことのない業界とかに転業したいと考えているときに・・

全くの未経験の分野などに転身したいと思っている場合には、自分が以前の会社で身に付けた能力やこれまで経験したことを発揮できるという内容の訴えがいるようになります。そのジャンルで働いたことがない人は経験のない分だけそのジャンルで勤務したことがある方よりも実際のところ、不公平な状態になりますが、自分の持っているスキルがその業界でも生かすことができるということを相手に伝えれば、勝負になることもあります。それゆえ、経験が全然ない業種に挑む際には、その分野と自分が今までやってきた仕事との関連をできる限り考えましょう。

とある古物商の求人に応募し、書類審査に受かりました。2、3日…

とある古物商の会社で、書類選考をクリアしました。その後面接の日時について相手方から連絡をもらい、けれども、面接日当日、指定場所へ行ってみると、手違いがあったのか相手が面接の準備を全くしていませんでした。待っていると、所長らしき人物が面接に応じてくれましたが、始終非常にだらしない態度を見せられ、面接が終了しました。ですが、約束の日を過ぎても、採用結果は告げられず、私から問い合わせると、「郵送で本日送付しました」と返答されました。心待ちにしていたのですが、ですが、これも届かず仕方なく再度問い合わせたところどういったわけか、「残念ですが不採用とします」、とそう言われてすぐ、電話を切られてしまったのです。あまりのことに呆れ返ってしまい言葉を失いましたが、採用されなくて良かったと感謝しています。

就職活動する際に気を付けたほうがよい求人の募集内容・・

転職活動する場合に特に注意が必要な求人の募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料が高く、拘束時間が長めというものです。こういった案件は、給料に『みなし残業代』を含んで計算しているケースがたいへん多いです。みなし残業代というのは、『みなし』と呼ばれるもので例えばですが、30時間とか45時間といった形で求人の記載内容に時間が併記してあります。毎月これくらいの残業が想定されるため、あらかじめ給料に残業代を組み込んでおくというシステムです。(違法ではありません)仮に求人に『みなし残業代20時間込』と記載されていれば、「記載時間分の残業代も含めてこの給料がもらえます」という求人になります。でも、悪質な求人情報では記載しておくべき『みなし』という言葉がないこともあるので充分に注意を払っておきましょう。

これまで私は、新しい職場を探すときは「ハローワーク」を優先していました。

これまでは新しい職場を探すときは「ハローワーク」を使っていました。どうしてかというと、大抵の転職サイトは、なぜか都心の企業の求人がほとんどだからです。そのため、求人情報を探す時は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。やっぱり、人気の転職サイトに掲載されている求人よりいくらか知名度は低くなりますが、昔から地域密着タイプなので都心部以外での転職をするときには重宝します。また、「ハローワークってなんだか古臭いイメージがある」と思われている方も多いかもしれません。思いもよらず、良い求人情報もしっかり掲載されていたりするので、これから転職を予定しているのなら、お近くのハローワークに行って相談してみてください。「転職サイト」みたくたくさんのお知らせやメールが送られてくることもありません。


みらい電設の蓄電池設置工事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)