健康

職を変えようと考えている時にチェックする仕事の情報というの・・

再就職をする際に見る募集事項については、一般的なものとし…

仕事を探しているときに目を光らせることになる求人内容は参考程度に、アバウトに載せていることもあり得ます。そのため、情報として載っていることをすべて正しいことだとは信じない方が最適でしょう。中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる給与面においては、平均の金額なのか?最低保証の金額であるのか?最も高く見込んだ給料であるのか?というようなジャッジができる転職者は少なく、適当な判断で読み取ってしまうと、悔いが残ることもあり得ます。それゆえ、嫌な思いをしないために、募集要項については、参考程度に考えて、そういったようなとても大事な事は直に聞いてみた方が妥当でしょう。

全く経験したことがない業種などに転身する際には、以前の職…

未経験である分野などに転職する際には、前の職で身についたスキルや経験値が生かせるという自己アピールが必要です。そのジャンルに勤務したことがない人はその分だけそのジャンルを経験している人よりも実際のところ、足りない部分はありますが、自分自身の持っているスキルがその場でも十分に生きるということを相手に話せれば、戦うことができる場合もあり得ます。それゆえに、経験が全然ない分野に挑む場合は、その業種と今まで自分が経験してきた仕事との関連をできる限り発見しましょう。

ある古物商の人員募集にて、書類審査に合格したので、相手方から面接日時を告げられました。

とある古物商の求人に応募したところ、書類選考をクリアしました。2、3日して面接の日時について相手方から連絡をもらい、けれど、面接日当日、指定された場所へ行ってみると、なぜか相手の面接の用意が全くできていない状況でした。しばらく待つと、所長と思しき人が面接中も半ば聞きというか、最初から最後まで、驚くほどだらしのない態度で迎えられ、なんとか面接が終わりました。しかしながら、予定日になっても結果連絡がまったく来ず、しびれを切らし、自ら問い合わせると、「結果は郵送で本日送付しました」と言われました。しばらく待っていましたが、届くことはありませんでした。そこで改めて問い合わせると、意味が分からなかったのですが、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、と勝手に電話を切られてしまったのです。あまりのことにしばらく言葉も見つかりませんでしたが、正直なところ、不採用で良かったとホッとしています。

転職活動するときに気を付けるすべき求人の募集内容は…

転職活動中に気を付けるすべき求人の募集内容は、そこまできつそうな仕事ではないのに給料がよく、拘束時間が長めであるというものです。こういった求人の場合、給料に『みなし残業代』が含まれている場合がとても多いのです。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、30時間とか45時間といった形で求人の内容に時間が併記してあります。これは、毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、はじめから給料形態に残業代を組み込んでおくということです。(ちなみに、これは合法です)『みなし残業代30時間込』という記載は「記載時間分の残業代も含めてこれだけの給料です」という意味になります。しかし、悪質なブラック系の求人では『みなし』をわざと記載していないことも少なくないのでよく注意をしておきましょう。

これまでは「転職サイト」を利用するより、主に「ハローワーク」が中心でした。

かつての私は、職探しをするときは「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を使っていました。どうしてかというと、CMで有名な大手の転職サイトは、なぜか都心部にある会社の求人情報が多いからです。そのために、求人情報を探す際は、いつも「ハローワーク」を使っていました。やはり、人気の転職サイトに掲載されている求人より多少企業の数や、給料といった点は見劣りするのですが、昔から地域に根ざした情報がピンポイントで見えるのはありがたいです。しかし、「聞いたことのない企業ばかりで不安」と感じている方も多少いるかもしれません。でも、理想に近い企業が掲載されているかもしれないので、これから転職を本気で検討しているのなら、ハローワークへ1度行って、確認してみるのもアリだと思います。「転職サイト」を利用した時のような多くの電話・メールに悩まされる心配もありません。


神奈川水道

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)