健康

人生初の転職を行うのであれば、大切なのは「現在の仕事を辞めたい理由」…

初めて転職をするのであれば、忘れてはいけないのはなぜ今の仕事を去る必要があるのかについ・・

最初に転職をするにあたって、重要なのはどうして現在の仕事を辞めたいかを明確にしておくことだと考えられます。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておいた方がいいでしょう。問題を改善できそうな会社を選んでください。既卒者の転職活動は、学生時の就職活動とは大きく異なり、現在の仕事と並行して就職活動を続けていく必要があるため、時間の調整能力も、気力・体力も必要です。それがために理由を明確にせず転職しようとすると途中で息切れしてしまう場合があります。どんな手段を使っても転職したい、現状を変えたいという感じの強い気持ちがないあいだは、転職活動にゴーサインを出すことは待っておいたほうが良いでしょう。

今現在の自身の職場や業務内容について多くの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。

現在の自らの職場・仕事内容について何かしらの不満に思うことがあるはずです。「自身のスキルや仕事での能力を適正に評価してくれない」よって、「賃金アップもないし、将来的なレベルアップも期待できない」といった不満が多いように感じられます。気持ちは理解できます。しかし、その手の悩みを持っている人の一部には、自分の持っている才能を実際よりも過大評価していないか、改めて確認する必要があります。仮に、そういった人が転職活動をした場合、「自分が活躍できる求人なんてない」と無駄にブランク期間ができることになりかねません。という事態に陥りがちです。転職を円滑に行うためには、自分の能力を多少厳しい目で自己分析してみてください。

長く接客関係で仕事をしてきましたが、加齢が原因か立ったままのお仕・・

長期間接客関係で勤め続けてきたのですが、年齢を重ねると共に座ることのできない仕事は体力的につらくて、座り仕事である事務系のお仕事への転職を第一目標として活動しました。事務の経験がないと簡単にはいかず、そうであれば接客の経験が役に立つ受付兼医療事務になろうと資格試験にも合格し個人クリニックに転職することができました。ベテランの先輩ばかりに囲まれて人間関係が大変。いつも夜のシフトを押し付けられて、接客業時代よりも帰宅も遅いのですが、今はキャリアを形成する時だと観念し頑張ります。

人による紹介で転職を叶えようとしている人もいるでしょう。

人の紹介で転職の先を見つけている最中の人もいるでしょう。しかしながら、転職をした先の労働環境やその他の労働条件に関する情報について、友人からの口コミを判断するのは後々問題になるかもしれません。口コミの中でもそういう口コミ情報は客観的な要素が排除されやすく、誤解・齟齬が多くなってしまいます。つまり紹介した人にしたら良い職場だったとしても、あなた自身には、ストレスだらけの環境、、、という可能性があります。でもその逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミだけで判断せず、自身の目でチェックしておくようにしましょう。

今から転職しようと考えるのなら、今いる業務や業務の何が気に入らないのか…

明日からでも転職をするのなら、今いる仕事・業務での納得いかない部分をリストアップしてみる必要があります。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。もともと不満が大きいから転職しようと思われているはずです。でも「ちゃんと現在の職場や仕事の客観的にみた問題なことを列挙する」ことをほとんどの人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びに失敗するリスクは減らせます。そのあとに、もしも転職した場合、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を想像してみましょう。すべての問題が解決するとは限りません。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職後の急激なモチベーションのダウンを抑えることは可能です。


合同会社ZEALL ホテルコンサルティング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)