健康

在職期間にあるときは、可能であれば、内密に、(ちなみに私自身のと・・

就労中は可能であれば、社内の人間に気づかれないように・・

在職中であるのなら、可能ならば、周囲が気づかないように、(自身のときは)前職中に転業する意図のみを早いうちに周りの人に知らせたことがあります。でも、その後に求人をあれこれチェックしていったのですが、就職のあてもタイミングすら何も煮詰まっていないまま知らぬ間に時間だけが過ぎてしまいました。挙句の果てにはその一方で、当時所属していた会社の方は、業務の引き継ぎ、諸々の手続き、自身の退職日などが続々と確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で就職先を探していく」といった、お粗末な事態になってしまいました。結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経たのち、次の就職先を見付ける活動をはじめました。

転職先を探している間は、知らず知らずのうちに時間が有り余っている・・

転職活動中は、そういう風にしたいわけではないのに時間があるため、だれた生活になってしまいます。しかし、そんな過ごし方はおすすめしません。なぜならば、だらだらと過ごす生活を習慣化してしまうと、肉体的にだけでなく、「精神的」も不健全な状態になるからです。だんだんと、仕事をしようとする気力がわかず、お金に困る事態となりかねません。そのまま、悪いサイクルにはまり転職先が決められません。次の仕事を決めることができないのは、もらえるお金を最優先に考えてしまうためです。お金を最優先に考えざるを得ない状況では仕事内容を重視して転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。そのため、お金に縛られない生活をしていく上で、だれた生活は、しないように気を引き締めましょう。

失業時、給付してもらえる「失業保険」は、失業中でなければもらえませんが…

失業した人が受け取れる失業保険は、失業中でなければ給付されませんが、給付期間が失業している限り延々と続くわけではありません。失業時までに働いていた期間に応じて違い、90日だったり120日だったりするのですが、驚くことにこの現実を理解していない人がいます。永久にもらえると思い込んで失業保険で生活すればいいと考えて遊び続けている人もいますが、給付期限があと1ヶ月、という段階で気づいてから焦って職を探しても好条件のところを探すのは困難です。転職を希望する会社の面接担当もバカではないので、「いつ頃失業し、どの程度経過し、何をやっていたのか」といったことくらいはおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。ヘタをすると、面接の時にそういった質問を矢継ぎ早にされることもあります。しどろもどろになると採用されることはまずありません。

安定的な人生を送ろうと正規の雇用社員になりたい人はかなり多いのが現実だと思います。

より安定した人生を送ろうと正規社員として働こうと思っている人は相当数います。にもかかわらず、即戦力として働けるように相当に頑張っているのに正社員としての転身がうまくいかないこともあります。非正規雇用者の求人募集はたくさんあるのに正社員の求人情報以外は気にも留めず時間を無駄にしてしまっているようです。万一中々正社員として望む職場や仕事に転職できない場合には、非正規雇用者に応募することも視野に入れてみてください。契約社員や派遣社員の募集を掛けている企業でも、働き手の活躍の度合いによって2,3年で非正規雇用から正規雇用にステップアップが図れることもあるからです。ですので面接を受ける際に、「正社員登用」の可能性を聞いておくようにすれば将来設計が立ちやすいはずです。

転職というものをしようと考えたとき、転職後の自分の年収ばかりを気にする人は・・

転職する場合、転職したあとの自分の年収について気にする人がとても多くいるようです。とうぜんほとんどの人は、だから生活費をつくるために働くのでしょう。とうぜん年収というのは自分がどれほど評価してもらえているか、としての側面もありますから大切なものであることは当然なのですが、しかしながら、必要以上に年収の額ばかりを執着しすぎる人生というのも人生を損してしまう気がするでしょう。年収にあまり反映されない仕事であっても人間的な成長が遂げられる可能性が多々あるからです。


名刺作成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)