健康

転職先を探す際、むろん仕事におけるやりがいアップも重要だ・・

転職をするならば、むろん仕事におけるやりがいアップも大切だけ…

転職先を決めるにあたって、当然仕事におけるやりがいアップと共に賃金が上がることも大切なことなので「年収サイト」というサイトに登録をしていろいろと調べています。一緒の会社でしかも同一の職種、経歴であるのにずいぶん人によって違いがあることも少なくなく、正直なところ面接で質問をしたことがあります。面接官もそのサイトをチェックしていたみたいで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた側も誰だろうと予想はついているんですけどね、おそらく格好をつけてるんですよ。低い方の年収だと思ってください」とのことでした。

転職で、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方に…

これから転職する場合、派遣社員」で考えている人に注意していただきたい点がいくつかあります。まずはじめに派遣に対して、電話対応、お茶出しなどの雑務、雑用等をのような業務を考える方が多いはずです。実は私自身もそう思ってました。「派遣社員」の求人を見て応募したときには電話応対と聞いていました。採用の際に派遣会社の担当者からも聞いていました。が、実際に働き始めると、なんと「電話対応」に加え、欠員した正社員の穴埋め業務を指示されました。とくに何をしていいのかもよくわからず、入社前の説明とは異なる内容ばかりなので毎日非常に困っています。今は、「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。

転職活動で大事なことは希望する企業そのもの、というより…

転職活動といえば、企業そのものよりも、どちらかというと「担当面接官」とのやり取りが大事といえます。しっかり採用してもらうために、ゼッタイに面接だからといって平常心で対応しましょう。例を挙げると女性とお見合いをする姿勢で向かうと良いと思います。更に大事なことは面接を介して最初にあなたの「人間性」をチェックされてしまうのでマイナス評価となるような見た目や言動は気をつけてゼッタイにやめましょう。社会人らしい整った服装を意識してください。あなたらしさを表現できるといいでしょう。魅力ある人として面接官に認めてもらえれば、きっと良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。

これはシフト制の仕事に関する話です。

「シフト制」のある仕事についての話なのですが、決まった曜日に仕事できる人を募集する求人をよく見ますが、もしも応募しようと考えているなら休む方法の詳細やシフトの出し方については尋ねておいたほうが良いです。以前に私自身が、産休で休む人の穴埋めとして、正社員として勤めることになったのですが、そこでは、「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新入社員の私以外は、誰一人現場にいませんでした。前任者が「土日」に必ず出ることができたので、私も必ず出勤できると思われていたみたいです・・・。「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフト変更を出す必要があり、同じ部署の上司に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」とお願いをしに行かなければいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日を私1人だけに任せるって、どういうことなのでしょう?冷静に考えると、本当に腹が立ってきます。

政治によって変化の兆しが出始めている転職事情です・・

政治による影響がでつつある転職を取り囲む状況についてですが、安倍総理が舵取りを行う現内閣では、アベノミクスや「三本の矢」といった経済政策が次々と打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策が日銀の金融政策と、たがいに作用しあって、財界や企業間においても新たな社会的な変化が具現化されてきています。そのような変化の中で、企業サイドでも労働人口減による「人材不足」が社会では多いな問題として取り上げられています。ちなみに、「外国人労働者」の比率を今よりも増やしていく、前提と現内閣は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、国内の転職問題についても幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化のなかで、日本国内の雇用・転職状況も変化していくのは確実です。


みらい電設の太陽光設置工事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)