健康

転職をするにあたって、やりがいのある仕事をすることも大事だけど…

転職先を探すにあたって、言うまでもなくやりがいを考慮することも重要だ・・

転職先を決めるにあたって、仕事のやりがいのアップと共にそれだけでなく手取りのアップも大事なポイントですから「年収サイト」に登録して事前に調査をしています。全く同一の会社でその上全く同一の職種、社歴なのにすごく人によって違いがある場合も多数あり、ぶっちゃけて言えば面接の際質問したことがあります。面接をした方も同じサイトをよく見ていたようで「ああ、高収入で書かれているのは、書いたのは誰だろうとある程度は見通しはついているんですけどね、おそらく見栄をはってるんですよ。低い方の給料で心づもりしといてください」とのことでした。

これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人に…

転職を、「派遣社員」として、転職を考えている人に覚えてほしいポイントがいくつかあります。一般的に派遣に対して、「データ入力」「お茶出し」「その他雑用」のような仕事をなんとなく連想する人が少なくないとは思います。実は私も現在勤めている会社に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募した際にも、「主な業務は電話対応になります」と直接説明を受けてもいたので安心しきっていました。ところが、いざ働き始めると、「電話対応」に加え、退職した正社員の穴埋め業務を頼まれました。とくに知識もないので毎回てんてこまいですし、はじめの説明と大きな食い違いがあるので全くわからないような内容でしたので、今は、ひたすら「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。

転職活動を成功させたい場合、希望している企業そのものよりも・・

転職活動では、希望している企業そのものより、採用担当の面接官との勝負といってもいいでしょう。面接で結果を出すためにも、まずは面接が始まる前に冷静に対応することを心がけましょう。たとえば素敵な女性とお見合いをする、といった気持ちでいる望むと緊張がとけるかもしれません。とくに面接ではまず第一にあなたの中身をくまなく見られるのでマイナスな印象につながる言動は注意しぜったいに控えましょう。また品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて面接に適した整った服装で望みましょう。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。企業にとって採用したい人材と思ってもらえれば、かならず自然と良い結果も出やすくなるでしょう。

シフトがある仕事についての話です。

「シフト制」の仕事についてです。一定の曜日に仕事できる人を募集する求人を結構見ますが、もし、応募しようと考えているならシフトの出し方、休み方については事前にたずねておいた方が良いです。それはどうしてかというと、私は過去、産休で抜けた人の代理として正社員としての仕事をはじめたのですが、そこが「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新人の私以外は、誰一人現場にいませんでした。前任の方が土日は休むことなく出勤していたので、私も必ず出勤できると思われていたみたいです・・・。ですから「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフトを変えてもらう必要があり、同じ部署の先輩たちに「代わりに出勤していただけませんか?」と私自身が頭を下げなくてはいけませんでした。給料も立場もほとんど同じなのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い出す度、よく我慢してやってこれたと思います。

昨今の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出つつあります。

転職を取り囲む状況は、政治によって左右されつつあります。安倍総理が舵取りを行う現政権下では、アベノミクス「三本の矢」といった形で新たに多くの経済政策が盛り込まれています。内閣が打ち出した新たな経済政策共々日銀の金融政策とあいまって、財界や民間企業間ではあたらしい社会的な変化が増えつつあります。そのような変化の中で、企業伸長とともに今度は若い世代の減少と現役世代の大量退職による「働き手が足りないこと」がとても大きな社会問題となっています。将来的に「外国人労働者」の比率を現状よりも増加させていく、であると安倍政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした政治の流れによって、日本国内の雇用状況や転職状況も大きな影響が出てくるのは間違いないでしょう。


未経験の転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)