健康

こうした話は知人から聞いた話です。

こういう転職ができたという話は従妹の旦那の話です。

従兄からの話です。就職活動を始めて新卒で絶対に入りたかった憧れの対象であるA社の入社試験で、最後の役員面接で不採用となり、それから後違う会社に就職しました。それから約1年半経過した頃に派遣の求人サイトをチェックしていた際たまたまA社の紹介予定派遣の仕事を発見し、じっとしていられなくなり当時の会社を直ちに退職し、A社で派遣勤務を開始、勇気がありますね。死に物狂いで頑張ってそれから後どうにかA社で正社員として採用され、現在ではやりがいを持ちながら元気に勤務しています。

失業保険の給付については、職を探していることが条件になります。

失業保険の給付においては、仕事を探していることを証明しなくてはいけません。けれども、現実は「会社に行かなくて良いし、しばらくは仕事をせずにゆっくりと過ごしたい」と思うのが現実だと思います。というワケで、真剣に働き先を探しているとハローワークのスタッフに思わせる方法があるので紹介します。月に一回ハローワークに行って担当職員と面談するのはパスできませんが、「求人票」をチェックすることを最低限しておきましょう。本気で探す気力がないときは、求人票を真剣に閲覧している芝居をして、ハローワーク職員との面談で、「労働条件のいい仕事や自分の属性にあう仕事や、希望していた求人が意に反してありませんでした」と話して、次の機会を探すという方法もあります。

転職するにあたって、現在勤めている会社を辞める時に「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが・・

転職するにあたり、現在勤務している会社を辞める時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりませんが、もし自分からすすんで退職届を提出して退社する、いわゆる自己都合退職であった場合は失業保険はすぐには給付されず手続きが終わった後で失業したことが確認されてから3か月経ってやっと給付があるのです。よく間違って退社した日の翌日からちょうど3ヶ月で受け取れるワケではありません。実際に勘違いしてしまった人が、ハローワークの職員の方が間違っていると言い張ってその結果ハローワークの保険担当者と揉めているのを見たことがある。なお、退職者の都合ではなくリストラのような、「会社都合」での解雇のケースでは、失業認定されてからすぐさま失業保険をもらえます。

「石の上にも三年」という人生において役に立つ教えがあります。

昔から”石の上にも3年”という教えがあります。昨今、その背景を裏付けるかのように「転職」を経験するのが当たり前の世の中になってまいりました。とはいえ、「転職」が誰にとっても身近な存在になったからといっても、やたらと職を変えようとするのはキケンです。実際に転職したいなら、まずは良い時期を図る必要があります。はじめに、現在の職場・仕事内容について、不満を感じる点を10個前後、紙とペンを使い、リストにしてみましょう。そうしておくことで、再就職に役立ちます。そして、もし将来の進路が自身で見いだせたら、先るだけ迅速に、よりキャリアアップできるように、トライしていることも大切です。

もし転職することを、現在の会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、…

もし転職前、今働いている会社の同僚たちがそのことを知ってしまうと、状況が悪くなる可能性があります。今までの周囲との関係によっては、問題はないこともありますが、意地悪されるおそれもあります。加えて、残業時間を意図的に増やされるキケンもあるので、軽々しく転職のことを周囲に言うのはお勧めしません。上記トラブルを避けるためにも、現在の仕事場では、真面目を装いましょう。充分に警戒しておけば、良い雰囲気をギリギリまで維持したまま、晴れやかに会社を退職することができます。しかも、何の問題もなく円満退職になれば、退職後も、あなたが何かあったときに相談できるような良好な関係性を持っておくことができます。業種などに関係なく、どんな企業でも、人との縁は重要なので、辞める際のトラブルは控えましょう。


気になること、知識の泉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)