健康

自分の好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている方は注意です。

好き、を仕事にしたいと思っている人は気をつけた方が良いです。

自分自身の大好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている人は要注意です。これは、私の経験に基づいたことなのですが、私は、もともと食べることが本当に大好きだったのですが、それが高じて、以前は、料理店に勤めていた時期がありました。そのお店での仕事内容は、その飲食店で任されていた仕事内容は、シンプルな盛り付け作業やホール業務でした。この仕事内容に関しては、嫌なこともなく楽しんで仕事ができていました。しかし、人間関係にすごく疲れてしまったのです。ということが引き金になって、職場を離れることになったのですが、その影響からか、食べること、そしてそのレストランで扱っていた食べ物さえも嫌になってしまい、同ジャンルの飲食店は今も行けていません。当時の匂いを思い出すだけで辛くなります。仕事に就いたばかりの頃は、大好きだったことがキライになるとは思いませんでした。得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいと夢見て、それを実現させることは本当にステキだと思います。ですが、あなたの「好き」はどのくらい本気なものなのか、まじめに自分に問いただした上で行動するべきです。

再就職することで仕事先を一新するということは、自分自身に適合す・・

転職することで仕事先を新しく替えるということは、自分自身に見合う職場を選択したいものです。職種を変えることで、驚くほどの適職に就く可能性もあります。とはいうものの、実際に行動する場合は、相応の努力が必須となります。別の言い方をすると、あなたの技量次第で天職に恵まれる、ということなのです。今は、「職業選択の自由」が一般的に当たり前になっているので、転職を決断しても偏見を持たれてしまうリスクもありません。終身雇用制度が死語となりつつある今現在、「役に立つ人材が欲しい」と願う企業も増加していますので、この好機を狙って転職を考えてみましょう。

このあいだ転職をやっとしたばかりというのに、何ヶ月もたっていないの…

ほんの3ヶ月まえに、転職したばかりだというのに、あっという間に辞めてしまう決意してしまう人がけっこう多かったりします。何故そうなるのかと考えてみると私の考えでは新たな気持で転職先の環境を見つけたというのに、「考えていた職場環境と違っていた」「雰囲気が受け入れられなかった」と考えて退職を決意するのだとか。でもこういった転職における失敗をしないためには、まずは前もっての情報収集を欠かせません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。業務におけるルール、昇給システム、など前もってチェックしておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

新しい就業先では「年収」を高望みしないほうが無難です。

転職の意思があるのなら、「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。ことさら、入社した年度は、大概「試用期間」が含まれている場合がケースが多かったりもします。私のときは、やっと転職して期待とは裏腹に年収が前職での稼ぎとほぼイコールということがありました。それにプラスして、仕事もきつく、かなり責任のあるもので、はじめの1年は、非常に苦労しました。そういった経緯から1年目は、仕事を覚える期間として捉え、極力転職前に貯蓄しておくことに尽きると思います。

転職活動と今の仕事の同時進行を行っている人が多いです。

転職活動を現在の仕事と同時に行っている人が多いです。でも、仕事をしつつ求人案件の応募に走ったり、面接に行くのは精神も肉体も大変です。転職活動を行っている間は、現在の会社の同僚や上司に隠さなければいけません。応募するだけしてみよう、という人がいますが、仮に、そのまま書類選考が通り、面接に呼ばれたあとに「辞退」を選択したとしたら、今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを使って応募していた場合は、エージェントに悪い印象を与えてしまいますし、それとは異なり自分で直接応募した場合も相手の会社から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。いずれにしても自分の大事な時間をドブに捨てることになりかねないので、行く気のない応募は辞めておきましょう。転職活動は、新卒の就活と同じように考えないことを認識しなければいけません。


環境リサイクル機械

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)