健康

仕事を探している際にチェックする求人情報というの…

再就職を考えている時にチェックすることになる求人情報に関して…

仕事を探しているときに閲覧することになる募集事項の情報というのは、通常のものとして書いてある、という可能性もあり得ます。そのため、記載されている内容は100%正確な情報だとは簡単に信じないほうが好ましいでしょう。なかでも報酬の額などに関しては、平均の金額なのか?最低額なのか?最高額なのか?といった見極めができる人は少なく、自分の勝手な判断で理解したつもりでいると、今後、悔いが残る可能性も少なくなりません。という訳で、後悔しないようにするためにも、求人に掲載されている情報は参考程度に考えて、そういったようなとても大事な事は会社に直接確認を取ってみた方が妥当でしょう。

全く経験のない分野などに転身する際には、前の仕事で、自分・・

経験のない業種などに転身したいときには、前の職場で育んできたスキルや経験が生きるといった内容のアピールが必要になります。勤務経験のない分野の場合、それだけその業種の経験者よりも不足することはありますが、自らが保持しているスキルがその場でも生かせるということを話すことができれば、戦うことができることも考えられます。ですので、経験が全くないジャンルに挑むときには、その業界と前の職場でやっていた仕事内容とのつながりをできる限り発見しましょう。

とある古物商の求人に応募したところ、書類審査を通過しました。すぐ・・

とある古物商のお店で、書類審査に合格しました。その後相手方から、面接予定日を連絡してもらいました。しかし、当日行ってみるとどうしてか相手の面接の用意が全くできていない状況でした。待たされたのち、所長らしき人物が面接に応じてくれたものの、終始たいへんにけだるい表情を見せ、淡々と面接が終了しました。ところが、予定日を過ぎているのに、まったく採用結果すらなく、こちらから問い合わせると「郵送で今日、送付しました」と告げられました。しばらく待っていましたが、結局、届きませんでした。改めて連絡をしたところ、驚くことに、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、とこちらが話す隙もないまま電話を切られてしまいました。呆れ果てて言葉を失いましたが、ハッキリ言って、採用されなくて良かったと痛感しています。

就職するため職探しをする場合に特に注意すべき求人情報は・・

就職活動に特に注意が必要な募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料が高く、拘束時間が長いというものです。このような求人内容の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで算出しているケースがたいへん多いのです。みなし残業代は、『みなし』ともいわれ、例えばですが、30時間、45時間というように求人の記載内容に時間が書いてあります。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、給料形態に残業代を組み込んで計算しておくというものです。(注・合法です)例えば『みなし残業代30時間込』とあれば、「書かれた時間分の残業代を含めると、これだけの給料になります」ということになるわけです。が、悪質な求人には告知しておくべき『みなし』という言葉自体がないこともあるので要注意です。

以前は、求人情報は「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」に通っていました。

これまで私は、新たな仕事を探す時は「ハローワーク」を活用していました。理由は、CMで有名な大手の転職サイトは、構造上、都心部での求人情報がメインになっているためです。そのために、求人情報をチェックする時は、いつも「ハローワーク」を使っていました。もちろん、求人募集をする企業も、給料などの労働条件も若干見劣りはしますが、昔から地域ある企業が多く、安心できます。ですが、「聞いたことのない企業ばかりで不安」と感じている人が多いとは思います。思いのほか、転職サイトには掲載されていない求人があるので、近いうちに転職について不安がある方は、ハローワークに行って相談してみてください。「転職サイト」を利用した時みたいな執拗な電話・メールが執拗に送られてくる心配もありません。


経営コンサルティングなら東京の英知コンサルティングへ
経営コンサルティング、人材育成コンサルティング、個人コンサルティング、FPコンサルティングなら東京の英知コンサルティング株式会社へ。国内唯一、全コンサルタントがMBAまたは中小企業診断士。全国対応。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)